メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風21号

最強クラスの勢力 四国沖北上 昼ごろ最接近

台風21号の接近で、高波が打ち寄せる安芸漁港=高知県安芸市で2018年9月4日午前9時50分、山田尚弘撮影

 非常に強い台風21号は4日午前、四国沖を北上した。昼ごろに四国から紀伊半島にかけて最接近し、上陸する見通し。非常に強い勢力を保ったまま上陸すれば、死者・行方不明者48人を出した1993年の台風13号以来25年ぶりとなる。西日本を中心に各地は猛烈な雨や風に見舞われる可能性が高く、気象庁は暴風や高波、土砂災害への厳重な警戒を呼びかけるとともに、早めの避難を促している。

 毎日新聞の午前11時現在の集計では、少なくとも大阪や奈良など4府県で約1万6000人に避難指示が出ている。西日本豪雨で多くの死者が出た広島県三原市では約9万6000人に避難勧告も出ている。

 気象庁によると、台風21号は午前11時現在、高知県・室戸岬付近を時速45キロで北北東に進んでいる。中心気圧は950ヘクトパスカル、中心付近の最大瞬間風速は60メートルで、今年接近した台風では最強クラスの勢力。上陸後は上空を流れる偏西風に乗って移動速度を増して日本列島を縦断し、4日夜には日本海側に抜ける見通しだ。

 5日正午までの24時間予想雨量はいずれも多い所で、東海500ミリ▽近畿、関東甲信400ミリ▽北陸250ミリ▽北海道180ミリ▽四国、東北150ミリ▽中国100ミリ。5日までの最大瞬間風速は、四国、近畿60メートル▽東海50メートル▽中国、北陸、東北45メートル--と予想されている。瀬戸内海や北陸で潮位が高まる見込みで、4日の予想最高潮位は大阪府2.8メートル、兵庫県2.7メートルなど。死者194人を出した第2室戸台風(61年)の潮位差を超える恐れがある。

 一方、今夏は台風の発生が例年より多く、6~8月で18個発生。統計が残る51年以降、94年と並び最多タイとなった。【鳥井真平】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  2. 訃報 国友やすゆきさん65歳=漫画家、「100億の男」
  3. 事故 青森の車4台衝突 搬送8人のうち3人死亡確認
  4. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  5. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです