メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風21号

「怖くなって」避難者も 20号で被害の新宮

和歌山県新宮市の熊野川町日足地区

 4日正午ごろ、徳島県南部に上陸した台風21号。JR西日本や一部私鉄が昼までに全線を運休すると発表した近畿地方では、早めに出勤する動きが広がった。7月の西日本豪雨で被災した住民は避難所に身を寄せ、激しい風雨に備えた。7年前の紀伊半島豪雨の被災地で予定されていた追悼行事も中止された。

和歌山・新宮 23カ所に避難所

 和歌山県新宮市では市内23カ所に避難所を開設。紀伊半島豪雨と8月下旬の台風20号で自宅や事務所が浸水した同市熊野川町日足(ひたり)の燃料販売業、池上順一さん(66)は3日のうちに事務所内の機材や商品を高い場所に移した。「20号で熊野川上流のダムも貯水量が増えているのではないか。少しの雨でも浸水するのでは」と心配そうな表情を見せた。

 市中心部にある市福祉センターに設置された避難所には3日夕から住民が集まり始め、4日は早朝から多くの…

この記事は有料記事です。

残り648文字(全文1021文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  4. セクハラ防止ポスター 困り顔の男性をアップ 批判相次ぐ
  5. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです