メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風21号

東海地方3県に暴風警報「早めの安全確保を」

 台風21号の接近に伴い、東海地方は4日朝から愛知と三重、岐阜の3県全域に暴風警報が発令された。学校や施設が休校・休園したり、鉄道や空の便に運転見合わせや欠航が相次いだりし、広い範囲で影響が出た。台風は昼過ぎから夕方にかけて最接近する見通しで、名古屋地方気象台は「不要不急の外出は控え、早めの安全確保に努めてほしい」と注意を呼びかけている。

 名古屋地方気象台によると、5日にかけて予想される1時間雨量は多いところで岐阜県100ミリ、三重県9…

この記事は有料記事です。

残り646文字(全文866文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです