メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全米テニス

心が折れそう、でも耐え忍び…大坂が初の8強

ベラルーシのアリーナ・サバレンカ選手を破り、8強入りした大坂なおみ選手=AP
ベンチに戻り、タオルで顔を覆う大坂なおみ選手=AP

全米オープン・女子シングルス4回戦(3日)

 大坂なおみ(日清食品)は心が折れそうになりながらも耐え忍び、4大大会で自身初の8強をつかみ取った。「全てのポイントでファイトしようと思った。今日はすごい日だと思う」。ベンチに戻るとタオルで顔を覆って肩を震わせながら感極まり、しばらく動けなかった。

     第1セットを先取し快調に滑り出したが、第2セットで勢いを止められた。アリーナ・サバレンカ(ベラルーシ)の気迫あふれる強打の前に、大坂の足は止まり、ラケットも振り切れなくなったように見えた。1-0から5ゲームを連取されるなどしてこのセットを失い、劣勢の雰囲気が漂っていた。

     最終セットは「このまま負けたら自分が許せなくなるかもしれない」と不安もよぎったというが、我慢強く気持ちを立て直した。第3ゲームでブレークされても、すぐに第4ゲームをブレークバック。好機を生かし切れない場面もあったが、「すべての球に100%集中した」という大坂の気持ちは最後まで切れなかった。第10ゲームは4度目のマッチポイントでサバレンカを振り切り、20歳同士の新鋭対決を制した。

     4大大会への挑戦は3年目。3歳の頃に日本から米国に移住した大坂にとって、地元開催となる全米オープンは2年続けて3回戦の壁に阻まれ、その度に悔し涙を流した。「この場所で準々決勝に行くことを夢見て、一つの目標を達成できた」。成長の証しであるうれし涙は格別だった。【浅妻博之】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 防弾少年団 秋元康氏作詞の新曲発表中止 ファン批判で
    2. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
    3. 安倍3選・その先 /下 「後継」はや駆け引き
    4. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営
    5. 訃報 国友やすゆきさん65歳=漫画家、「100億の男」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです