メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安倍首相

自衛隊明記へ意欲におわす 高級幹部会同で

 安倍晋三首相は3日、防衛省で開かれた自衛隊高級幹部会同で「自衛隊員が強い誇りを持って任務を全うできる環境を整えるのが、今を生きる政治家の責任だ」と訓示した。明言はしなかったが、自衛隊の存在を明記する憲法改正への意欲を重ねて示した。

     首相は西日本豪雨での災害支援やソマリア沖での海賊対処などを挙げて「国民の負託に全力で応える諸君を大変頼もしく誇りに思う」と表明。「時には心ない批判をされたこともあったと思う。自衛隊の最高指揮官、同じ時代を生きた政治家として、じくじたる思いだ」と述べた。

     年末に見直す防衛政策の指針「防衛計画の大綱」に関しては「宇宙、サイバー、電磁波という新たな領域を横断的に活用した防衛体制への変革は待ったなしだ」と述べた。

     一方、共産党の小池晃書記局長は3日の記者会見で「会合は防衛省の政策方針を自衛隊の高級幹部に周知、徹底するためであり、このような(改憲の)発言をする場ではない」と首相を批判した。【秋山信一】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
    2. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
    3. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
    4. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か
    5. 県警不祥事 止まらない 警官、押収AV大量盗む 容疑で書類送検 別に盗撮疑いも /大分

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです