メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JR東

新型車両を首都圏の中距離電車でも運用へ

 JR東日本は、山手線に導入を進めている新型車両「E235系」の運用を、首都圏の中距離電車にも広げる。2020年以降、東京を経由して神奈川県と千葉県を結ぶ横須賀線・総武線快速などに投入する。

 JR東日本は、車内に液晶画面を多く用いて乗客の快適性を高めたE235系を次世代の標準型車両と位置付けており、大量投入することで車両の生産と整備といったコストの低減を目指す。

 東京五輪・パラリンピックを控えた20年春ごろまでに全ての山手線車両をE235系に置き換える。さらに…

この記事は有料記事です。

残り363文字(全文595文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国から注文殺到 福島名物「ラヂウム玉子」ロゴ入りTシャツが人気
  2. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  3. 解決せぬ差別に失望 性同一性障害を持つ上田さん「時代はむしろ後退」
  4. 「きょうは違う景色に見えた」菜七子騎手、初G1に
  5. スキー客2人が行方不明 新潟・湯沢町

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです