メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日経平均先物

取引開始から30年 市場で一定の存在感

日経平均先物の取引開始30年を記念し、先物取引に関係した歴史上の人物らを紹介するパネル展示を見る人たち=大阪市の大阪取引所で2018年9月3日午前11時6分、宇都宮裕一撮影

 戦後国内初の株価指数先物で日経平均株価に連動する「日経平均先物」が3日、1988年の取引開始から30年を迎えた。90年に取引代金ベースで世界一となったが、直後にバブル崩壊に直面し、売買が低迷した時期もあった。しかし、少額から売買できる「ミニ」を2006年に導入するなどして取引高は増加に転じ、世界的に主要な株価指数先物として市場で一定の存在感を示している。

 日経平均先物の誕生には大阪証券取引所(現大阪取引所)が大きく貢献した。1980年代、現物株取引が東…

この記事は有料記事です。

残り831文字(全文1060文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS キムタク、“オフ”の長澤まさみの姿を暴露 本人赤面「天気が良かったから」
  2. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  4. 日産会長逮捕 記載訂正長期化か 不正広範囲、精査に時間
  5. ゴーン会長逮捕 日産3社連合暗雲 ルノー後任協議へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです