メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

財務省

企業の内部留保446兆円 前年度比9.9%増

 財務省が3日発表した2017年度の法人企業統計は、企業が蓄えた「内部留保」に当たる利益剰余金が、金融・保険業を除く全産業で前年度比9.9%増の446兆4844億円となり、6年連続で過去最高を更新した。好景気で自動車産業や小売業などが売り上げを伸ばし、利益が一段とたまったとみられる。一方、稼ぎを人件費に回した割合を指す「労働分配率」は43年ぶりの低水準で、企業に賃上げを求める声が高まりそうだ。

 17年度の利益剰余金は製造業が9.1%増の153兆3205億円、非製造業が10.4%増の293兆1…

この記事は有料記事です。

残り538文字(全文786文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 天野健太郎さん 47歳=台湾文学翻訳家
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 韓国 BTS事務所 被爆者とナチス被害者に謝罪表明
  4. 自民党 下村氏憲法審幹事辞退へ 野党「職場放棄」発言で
  5. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです