メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

共同輸送

ライバル企業が手を結び「モーダルシフト」

国内の貨物輸送における交通手段の割合

 人手不足や燃料費の高騰で物流費が上がる中、ライバル会社が輸送面で手を結ぶ例が増えている。積載量の少ないトラックから、一度に大量に運べる船舶や貨物列車に切り替える「モーダルシフト」で、コストの削減や温室効果ガスの削減を目指している。

 清涼飲料水メーカーのアサヒ飲料とキリンビバレッジは6月、貨物船に積むコンテナの共同利用を始めた。アサヒ飲料は静岡県と山梨県、キリンビバレッジは静岡県の工場で生産された製品をトラックで清水港(静岡市)に輸送。同じコンテナに積み、東北、北海道の消費地に届ける。船とトラックは輸送時間で大差はないが、コンテナの積載量はトラックの倍以上で、輸送効率が大幅に上がる。両社あわせて年間約270万箱を運ぶ計画だ。

 清涼飲料業界は、扱う商品の種類やブランドが多いため、各社は比較的少数の工場に多様な商品に対応できる…

この記事は有料記事です。

残り937文字(全文1303文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
  2. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  3. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  4. 金属探知機ゲート前で待ち伏せか 容疑者の米国籍の夫 東京家裁・妻刺され死亡
  5. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです