メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米印2プラス2

中国けん制で連携強化目指すも課題

 【ニューデリー松井聡】インドの首都ニューデリーで6日に米国とインドによる初めての外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2)が開かれる。トランプ米政権は対立する中国へのけん制から、インドを重視し外交・安全保障分野の連携強化を目指す。ただ米国がインドのロシア製ミサイル購入計画やイランからの原油輸入に反対するなど課題も残る。

 中国やロシアを「競合国」と位置づけるトランプ政権にとって、インドとの関係強化は「安全保障上の優先事…

この記事は有料記事です。

残り663文字(全文871文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  4. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  5. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです