メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミャンマー

ロイター通信の2記者に禁錮7年判決

 ミャンマーの少数派イスラム教徒「ロヒンギャ」への迫害問題を取材していたロイター通信のミャンマー人記者2人が国家機密法違反で起訴された事件で、最大都市ヤンゴンの裁判所は3日、2人に禁錮7年の判決を言い渡した。ロイター通信は「ミャンマーの民主化において大きな後退だ」との声明を発表。ロヒンギャ問題への対応を含め、アウンサンスーチー国家顧問兼外相が事実上率いる政権への批判が、国際社会であらためて強まりそうだ。

 2人の弁護士は「解放のためにできることは何でもする」と、控訴する意向を示した。

この記事は有料記事です。

残り762文字(全文1005文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  2. 夫「大切な2人失ってつらい」 池袋暴走、母娘の告別式 
  3. 白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声
  4. マラソン・小出義雄氏が指導者勇退 高橋尚子さん、有森裕子さんら育てる
  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです