メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミャンマー

ロイター通信の2記者に禁錮7年判決

(上)裁判所を離れる際、報道陣の取材に答えるワロン記者と、(下)警察官に付き添われ裁判所を離れるチョーソウウー記者=いずれもヤンゴンで3日、AP

 ミャンマーの少数派イスラム教徒「ロヒンギャ」への迫害問題を取材していたロイター通信のミャンマー人記者2人が国家機密法違反で起訴された事件で、最大都市ヤンゴンの裁判所は3日、2人に禁錮7年の判決を言い渡した。ロイター通信は「ミャンマーの民主化において大きな後退だ」との声明を発表。ロヒンギャ問題への対応を含め、アウンサンスーチー国家顧問兼外相が事実上率いる政権への批判が、国際社会であらためて強まりそうだ。

     2人の弁護士は「解放のためにできることは何でもする」と、控訴する意向を示した。

     ワロン記者(32)とチョーソウウー記者(28)は、昨年9月に西部ラカイン州のインディン村で、ロヒンギャ10人が治安部隊員に殺害された事件を取材していた。だが同年12月にヤンゴンで「機密文書を所持していた」として逮捕された。

     弁護士によると、ワロン記者は逮捕前に警察官から電話を受け、チョーソウウー記者と共にヤンゴンの飲食店で警察官に面会。その際、資料を手渡された。ロヒンギャの武装勢力と治安部隊との戦闘概要や、焼かれた家のリストなどの資料だったという。2人は店から出て間もなく逮捕された。

     2人は当初から無罪を主張。4月の予審で検察側証人の警察官が「逮捕はわなだった」と、警察幹部の指示によるでっち上げだったと明かした。しかしその後、検察側は2人が以前から持っていた別の資料も問題視。判決公判で、裁判官は「国家の敵とテロ組織を利する資料が含まれている」とし「入手過程で法を犯した」と指摘した。

     判決後、ワロン記者は報道陣に「我が国の報道の自由と表現の自由に対する脅威だ。だが、我々は間違ったことをしておらず、何も恐れない」と語った。ロイター通信はミャンマーにおける「民主主義の進展の試金石」だとして、危機感を表明した。

     国連ミャンマー常駐人道調整官事務所は「報道の自由は平和、公正、人権にとって極めて重要なものだ」との声明を発表。2人の早期釈放を求めた。

     昨年8月以降、70万人を超えるロヒンギャが隣国バングラデシュに逃れ、ミャンマー政府やスーチー氏は強い批判にさらされている。政治アナリストのマウンマウンソー氏は「彼らの訴追でミャンマーには報道の自由はないとみなされる。今回の件で、ミャンマー政府はさらに国際社会から圧力を受けることになり、かわすのは難しいだろう。政府は最初から対応を間違えた。」と指摘する。【西脇真一】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. プレイステーション 復刻版「プレイステーション クラシック」発売 12月3日に9980円で
    2. 仙台・警官刺殺 容疑の男、刃物と機関銃様のもの所持
    3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
    4. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生
    5. 過保護のカホコ テーマは「愛と夢の両立」? カホコ&初の結婚生活は… SPドラマ今夜放送

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです