メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

アフリカ首脳ら「一帯一路」に賛意 影響力を誇示

中国・アフリカ協力フォーラムの歓迎式典で並んで歩く南アフリカのラマポーザ大統領(右)と中国の習近平国家主席=北京の人民大会堂で2日、AP

 【ヨハネスブルク小泉大士、北京・河津啓介】3日に北京で開幕した中国・アフリカ協力フォーラムは、中国がアフリカへの影響力を誇示する舞台となった。訪中したアフリカ首脳らは中国が掲げる現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」に賛意を表明し、インフラ整備などに対するアフリカ各国の期待の大きさを印象付けた。

 中国は2009年に米国に代わりアフリカの最大の貿易相手国となった。17年の輸出入総額は約1700億ドル(18兆8000億円)で米国とアフリカの貿易額の4倍だ。

 さらに中国はアフリカ各国への武器輸出や軍事協力を拡大し、国連の平和維持活動(PKO)にも積極的に参…

この記事は有料記事です。

残り889文字(全文1169文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. 川崎中1殺害 「暴行中に殺意」リーダー格の19歳少年
  4. リュックの男ためらいなく スリランカ同時テロ現場ルポ 綿密に計画か
  5. スリランカ連続爆破テロ ISに呼応か 実行組織のハシュミ指導者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです