メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校生嘱託殺人

少年に不定期刑を求刑 東京地裁公判

 東京都台東区で高校3年の女子生徒(当時17歳)が殺害された事件で、嘱託殺人などの罪に問われた元同級生の少年(19)の裁判員裁判が3日、東京地裁(鈴木巧裁判長)であった。検察側は「安易で短絡的に殺害に及んでおり、結果も重大」として懲役5~10年の不定期刑を求刑し、弁護側は少年院送致を求め、結審した。判決は7日。

     検察側は論告で「被害者が死にたい理由を十分に聞かないまま(殺害を)実行した。断ったり、説得したりするなど他に手段はあった」と指摘。弁護側は「これまでの少年の成育環境が影響しており、立ち直る機会を与えるべきだ。保護処分の少年院送致がふさわしい」とした。少年は最終意見陳述で「してはいけないことをした。本当に申し訳ありません」と謝罪した。

     起訴状などによると、少年は昨年5月3日夜、交際していた女子生徒に頼まれて首を絞めて殺害。いったん帰宅したが、翌朝に女子生徒宅に戻って遺体のあった布団にライターで火を付けるなどしたとされる。【蒔田備憲】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 過保護のカホコ テーマは「愛と夢の両立」? カホコ&初の結婚生活は… SPドラマ今夜放送
    2. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生
    3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
    4. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
    5. 仙台・警官刺殺 容疑の男、刃物と機関銃様のもの所持

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです