メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 横浜市の旧大口病院で入院患者3人を殺害した疑いで逮捕された元看護師、久保木愛弓(あゆみ)容疑者(31)について、横浜地検は3日、事件当時の精神状態などを調べるため、鑑定留置を開始したと発表した。期間は12月3日までの3カ月。

     久保木容疑者は2016年9月、界面活性剤を含む消毒液「ヂアミトール」を点滴に注入し、入院患者の西川惣蔵さんと八巻(やまき)信雄さん(ともに当時88歳)、興津(おきつ)朝江さん(当時78歳)の3人を殺害したとして殺人容疑で逮捕された。

     久保木容疑者はいずれの容疑も認め、動機について「患者が死亡した際、家族への説明が不安だった」などと説明しているという。地検は精神鑑定によって刑事責任能力の有無や供述の信用性などを調べ、起訴の可否を判断する。

     一方、3人と同時期に死亡した80代の男性入院患者からも界面活性剤の成分が検出されており、神奈川県警は慎重に調べている。【木下翔太郎】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
    2. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
    3. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
    4. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
    5. 仙台・警官刺殺 容疑の大学生に「礼儀正しい子なぜ」の声

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです