メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

元気に登校する仲紬希さん(右)と中川朝陽さん(左)=和歌山県新宮市熊野川町日足で2018年8月27日午前、阿部弘賢撮影

 2011年9月の紀伊半島豪雨から4日で7年。この年度に生まれた子供たちは今春から新1年生として小学校に通う。母親のおなかの中にいたり、生後間もなかったりして被災の記憶はないが、復興と歩調をそろえるように成長し、地域の希望を集めている。

 「行ってきます」。2学期がスタートした8月27日朝、和歌山県新宮市熊野川町日足(ひたり)に住む、市立熊野川小1年の仲紬希(つむぎ)さん(7)と中川朝陽(あさひ)さん(6)は同級生と一緒にランドセルを背負い元気よく登校した。

 豪雨があった11年9月4日、2人の母親の仲あゆ子さん(41)と中川千賀子さん(43)は、必死で自身…

この記事は有料記事です。

残り840文字(全文1120文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 競売 ヒトラーの写真130万円落札 ユダヤ系少女と笑顔
  4. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  5. さくらももこさん 声優ら参列し「ありがとうの会」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです