メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー日本代表

チリ戦を前に札幌市内で合宿

日本代表の選手たちとランニングをする森保一監督(後方左)=札幌厚別公園競技場で2018年9月3日、竹内幹撮影

 サッカー日本代表は3日、森保一監督が初めて指揮を執る国際親善試合のチリ戦(7日、札幌ドーム)に向けて札幌市内で合宿を開始した。

     今夏のワールドカップ(W杯)ロシア大会後初の代表活動で、槙野(浦和)や初招集の冨安(シントトロイデン)、伊藤(ハンブルガーSV)ら19人が参加。この日はジョギングなど軽めのコンディション調整となり、ほとんどボールを使わず約45分間で終わった。4日に堂安(フローニンゲン)ら残る4人が合流して23人がそろう予定。

     11日は、日本代表は大阪・パナソニックスタジアム吹田でコスタリカと対戦する。【大島祥平】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
    2. 訃報 成田賢さん 73歳=歌手 009「誰がために」
    3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
    4. 韓国 BTS事務所 被爆者とナチス被害者に謝罪表明
    5. 特集ワイド 安田純平さん シリア拘束で「無期懲役の恐怖」 自分の人生、変えていきたい

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです