メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

日本初の都道府県対抗eスポーツ大会にJFAが協力、競技はウイイレ団体戦

情報提供:サッカーキング

記者会見に登壇した(左から)日本eスポーツ連合会長 岡村秀樹、茨城県知事 大井川和彦、日本サッカー協会 田嶋幸三
 4日、日本eスポーツ連合(JeSU)と日本サッカー協会(JFA)は共同記者発表会を開催。来年に行われる「全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2019 IBARAKI」の共同主催者としてJFAが加わることを発表した。

 今年5月、茨城県とJeSUは2019年の第74回国民体育大会、第19回全国障害者スポーツ大会の開催時期に合わせて、国民体育大会文化プログラムとして全国初の試みとなる“都道府県対抗で行うeスポーツ大会”の開催を発表していた。

 会見に登壇したJeSUの岡村秀樹会長は「今大会を機に各校での(eスポーツの)部活動の設立につながれば」と期待を込め、「(ウイニングイレブンだけではなく)新たな種目も検討している」と続けた。JFAの田嶋幸三会長は「JeSUからの協力要請があり、年齢、性別、障害の有無にかかわらず、対等に競い合えるところに感銘を受けた」と参画の理由を明かしている。

 大会で使用するタイトルは人気サッカーゲームの最新作『ウイニングイレブン 2019』(PS4)。3人1組で対戦する団体戦で、年齢制限なしの「オープンの部」と高等学校など在籍者の「少年の部」の2部門が開催予定となっている。なお、優勝チームは表彰のみで賞金は出ない。

 2019年2月から出場受付を開始。同4月から7月にかけて、オンライン/オフライン大会形式で予選会を行い、各都道府県代表が決まる。同10月4日から6日に茨城県内で本大会が実施される。

【関連記事】
日本、eスポーツでサウジと国際試合開催…『ウイイレ2019』がタイトルに採用
ウイイレ日本代表がアジア大会制覇! 激闘を制して金メダルに輝く
金メダル獲得のウイイレ日本代表が会見…杉村選手「正直、悔しさも」 相原選手「集大成になった」

情報提供:サッカーキング

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  2. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  3. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  4. 日露首脳会談 北方領土を非軍事化 安倍首相が提案
  5. ふるさと納税 過度な返礼品大幅減 来年度から制度外に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです