メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災7年半

子育て世代次々と 福島・川内村、「一人親」移住を支援 自然や村の優しさ好評

仕事を終え、子どもたちとくつろぐた星野奈々恵さん(中央)=福島県川内村で

 東京電力福島第1原発事故に伴う避難指示が解除された福島県川内村が、シングルマザーなど一人親世帯の移住に力を入れている。子育て世代を増やそうと2016年度から移住支援に取り組み、現在まで7世帯が移り住んだ。成果は上々で、近隣の自治体も関心を示している。【中村聡也】

 川内村は原発事故後、一部に避難指示が出された。村内の避難指示は16年までに全て解除されたが、7月末現在の人口は2686人と震災前より1割以上少なく、特に子育て世代の減少が激しい。

 村は人口を増やすため、一人親世帯の移住に着目。15歳未満の子どもがいる一人親世帯に移住費用50万円…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  3. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  4. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  5. 初出場の筑陽学園がセンバツ初勝利 福知山成美との競り合い制す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです