メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱血!与良政談

そこまでする政府と自民=与良正男

 本末転倒。我田引水。いろいろな形容があるだろうが、私は「厚顔無恥」という言葉を真っ先に思い浮かべた。経済産業省が政治家らと折衝した際に作る文書について「議事録のように個別の発言まで記録する必要はない」等々と省内で説明していた一件だ。

 同省の職員は「誰が何と言ったのか分からないよう、議事録を残してはいけないと指示を受けた」と、この問題をスクープした毎日新聞の取材に証言している。

 これが通るのなら、森友問題に例えれば安倍晋三首相の妻昭恵氏に関する関係者の発言自体が記録に残らなく…

この記事は有料記事です。

残り687文字(全文927文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  2. 絢子さま婚約内定 プロポーズ「あまりに突然でしたが…」
  3. 皇室 小室家側に「国民が納得できる説明を」秋篠宮ご夫妻
  4. プレイステーション 復刻版「プレイステーション クラシック」発売 12月3日に9980円で
  5. 仙台・警官刺殺 容疑の男、刃物と機関銃様のもの所持

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです