メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外J1昇格は松本と大分
訃報

鶴沢寛治さん 89歳=文楽三味線の人間国宝

 品良く艶のある音色で人形浄瑠璃の世界を支えた文楽三味線の人間国宝、鶴沢寛治(つるざわ・かんじ、本名・白井康夫=しらい・やすお)さんが5日、死去した。89歳だった。

 京都生まれ。豪快な三味線で知られた父の三代目鶴沢寛治郎(後の六代目寛治、人間国宝)に入門。1943年に寛子(かんこ)の名で初舞台を踏んだ。44年に寛弘(かんこう)と改名、56年に八代…

この記事は有料記事です。

残り262文字(全文436文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. キイレツチトリモチ まるでキノコ、珍種が開花 牧野植物園 /高知
  4. バラハタ 他にもいる危険な魚 「珍しい」で食べないで
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです