メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ならまち暮らし

古事記を歩く血原=寮美千子 /奈良

 12年前、奈良に越してきて驚いたのが、町の人が神武天皇を「神武さん」と親類のおじさんのように親しげに呼び、古事記に出てくる地名が数多く残っていることだった。気になっていた地名のひとつが「血原」だ。古事記には、こんな物語がある。

 熊野に上陸した神武が、八咫烏(やたがらす)の案内で道なき道を踏み分けて紀伊山地を抜け、出てきたところが宇陀。その土地の豪族が兄宇迦斯(えうかし)と弟宇迦斯(おとうかし)の兄弟だった。神武は八咫烏を使いに出し、兄弟に「仕えるか」と尋ねた。

 兄は徹底抗戦しようと思ったが、思うように兵が集まらない。そこで、大きな屋敷を作って罠(わな)を仕掛…

この記事は有料記事です。

残り989文字(全文1272文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 天野健太郎さん 47歳=台湾文学翻訳家
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 韓国 BTS事務所 被爆者とナチス被害者に謝罪表明
  4. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  5. アムネスティ スーチー氏に授与した人権賞撤回

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです