メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風21号

直撃 関空水没 連絡橋に船衝突、不通 3府県7人死亡

滑走路が浸水した関西国際空港=2018年9月4日午後5時55分、本社ヘリから幾島健太郎撮影

 台風21号は四国や近畿地方を縦断し、4日夜に日本海に抜けた。広範囲に暴風雨をもたらし、毎日新聞の集計では、大阪府と滋賀県、三重県で7人が死亡した。最大瞬間風速が観測史上最大の58・1メートルを記録した関西国際空港では、強風で流されたタンカーが空港連絡橋に衝突し、橋の一部が破損。滑走路やターミナル周辺が高潮で浸水し、利用客ら3000人以上が取り残されている。

 気象庁によると、台風は4日正午ごろ、非常に強い勢力を保ったまま徳島県に上陸。午後2時ごろには神戸市…

この記事は有料記事です。

残り1036文字(全文1266文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
  2. 双子のパイロット訓練生、被災の熊本から羽ばたく 全日空と日航に入社へ
  3. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  4. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  5. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです