メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外貴乃花親方 相撲協会に退職届
論点争点

2018自民党総裁選/2 米中との溝、どう対処 拉致・北方領土も進まず

ゴルフ場内で会話する安倍首相(左)とトランプ米大統領=米フロリダ州で2018年4月(内閣広報室提供)

 8月22日夜に首相公邸で行われた日米電話協議。終了後、安倍晋三首相(63)は「あの歴史的な米朝首脳会談(6月12日)から2カ月が経過した。最新の情勢分析を行い、今後の北朝鮮に対する方針について綿密な打ち合わせを行った」と簡潔に説明した。政府関係者によると実際の協議は「北朝鮮政策でトランプ米大統領から『ある提案』があり、首相の意見を聞くのが目的だった」といい、濃密なやりとりがあったとみられる。

 2017年1月にトランプ氏が大統領に就任してまもなく北朝鮮情勢が緊迫。首相は頻繁にトランプ氏と北朝…

この記事は有料記事です。

残り974文字(全文1222文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 塀倒壊で女児死亡 高槻市が和解金支払いへ
  2. リカちゃん人形 賢明女子学院中・高制服で登場 購入予約700体 姫路 /兵庫
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選
  5. 皇室 皇太子ご夫妻が福岡入り 昨年の豪雨被災地にも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです