メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊、個人特定3000人 残る2.2万人救済課題 厚労省

 旧優生保護法(1948~96年)下で障害者らへの不妊手術が行われた問題で、自治体の記録で手術を受けた個人名が特定できるのは約3000人にとどまるとの調査結果を、厚生労働省がまとめた。関係者が取材に明らかにした。旧厚生省の統計では、不妊手術は約2万5000人が受けたとされており、8割以上は個人記録が確認できなかった。厚労省は6日に結果を与党ワーキングチーム(WT)へ報告する。【原田啓之、阿部亮介】

 厚労省は4月、都道府県や保健所設置自治体に対し保有する約20種類の記録の有無と件数、個人が特定でき…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神戸バス暴走 「一緒に仕事していた仲間」「お姉ちゃん先生」 犠牲の若者2人を悼む声
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. リュックの男ためらいなく スリランカ同時テロ現場ルポ 綿密に計画か
  4. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  5. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです