メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊、個人特定3000人 残る2.2万人救済課題 厚労省

 旧優生保護法(1948~96年)下で障害者らへの不妊手術が行われた問題で、自治体の記録で手術を受けた個人名が特定できるのは約3000人にとどまるとの調査結果を、厚生労働省がまとめた。関係者が取材に明らかにした。旧厚生省の統計では、不妊手術は約2万5000人が受けたとされており、8割以上は個人記録が確認できなかった。厚労省は6日に結果を与党ワーキングチーム(WT)へ報告する。【原田啓之、阿部亮介】

 厚労省は4月、都道府県や保健所設置自治体に対し保有する約20種類の記録の有無と件数、個人が特定でき…

この記事は有料記事です。

残り406文字(全文656文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  2. 入れ墨逆転無罪 若者に流行 識者「時代に即した判断」
  3. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  4. 平井科技相 宛名のない領収書61枚 選挙費の5割
  5. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです