メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

障害者雇用の水増し

中島隆信氏

 官公庁を中心に、障害者の法定雇用率が水増しされてきたことが社会問題化している。先週、厚生労働省が公表した調査結果では約8割の中央省庁で「水増し」などが確認された。障害者支援の名の下で、偽りの数字がはびこった原因はどこにあるのか。この問題が投げかけた課題を探った。

目標数値設定、現実的に 中島隆信・慶応大教授

 明るみに出た役所の一連の「ごまかし」はとんでもない話ではあるが、背景には実態と乖離(かいり)してしまっている障害者雇用制度の「ひずみ」があるのも事実だ。問題の発覚を機に、実態に即した議論を進めてゆくべきだろう。

 障害者の雇用義務は1976年に始まった。当初は身体障害のみで法定雇用率も1・5%と低く、バリアフリ…

この記事は有料記事です。

残り4251文字(全文4561文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  2. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  3. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
  4. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  5. 仙台・警官刺殺 容疑の大学生に「礼儀正しい子なぜ」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです