メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台湾

慰安婦像の土地競売 野党支部敷地差し押さえ

国民党台南市支部の敷地内に設置された慰安婦像=台湾南部・台南市で2018年8月14日、福岡静哉撮影

 【台北・福岡静哉】台湾南部・台南市の地方裁判所は4日、日本による慰安婦を象徴する銅像が設置されている場所を含む野党・国民党同市支部の土地と建物について競売を実施したと発表した。だが入札者はおらず、9月中旬に再度、入札を行う予定。同土地は裁判所が今年5月、差し押さえを決定していた。

 慰安婦像問題は、台湾による福島県など5県産食品の輸入停止措置に加え、新たな…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文449文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  2. 絢子さま婚約内定 プロポーズ「あまりに突然でしたが…」
  3. 皇室 小室家側に「国民が納得できる説明を」秋篠宮ご夫妻
  4. プレイステーション 復刻版「プレイステーション クラシック」発売 12月3日に9980円で
  5. 仙台・警官刺殺 容疑の男、刃物と機関銃様のもの所持

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです