メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

家電量販店

進む「脱家電」 酒、家具、自転車…市場縮小で取扱商品拡大

家電量販の市場規模

 家電量販店が「脱家電」を加速させている。酒や玩具に家具、自転車、リフォームといった電化製品以外の取り扱いを拡大。インターネット通販の台頭などで業界の市場規模は縮小しており、従来の薄利多売だけでは成長が見込めないためだ。

立地を考慮して

 「カタログではなく、実物を見て手に触れられるのがいい」。東京都調布市のビックカメラ京王調布店で、電動マウンテンバイクを探しに来た地元客は笑顔で話した。2017年9月にオープンしたこの店の1階には約200台の自転車がずらりと並ぶ。

 家電量販店の「顔」である1階では今ならスマートフォン、数年前までは薄型テレビといった売れ筋品を陳列…

この記事は有料記事です。

残り788文字(全文1070文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  2. ORICON NEWS 元AKB48・高城亜樹&J1サガン鳥栖・DF高橋祐治が結婚発表「明るく穏やかな家庭を」
  3. イカナゴシンコ、3年連続の不漁予測 兵庫
  4. レオパレス21 切れる冷房、入居者ブチ切れ 苦情6、7月急増 「節電」自動停止、撤回
  5. 大阪市教委 風俗店でアルバイト、女性講師を停職処分

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです