メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

家電量販店

進む「脱家電」 酒、家具、自転車…市場縮小で取扱商品拡大

家電量販の市場規模

 家電量販店が「脱家電」を加速させている。酒や玩具に家具、自転車、リフォームといった電化製品以外の取り扱いを拡大。インターネット通販の台頭などで業界の市場規模は縮小しており、従来の薄利多売だけでは成長が見込めないためだ。

立地を考慮して

 「カタログではなく、実物を見て手に触れられるのがいい」。東京都調布市のビックカメラ京王調布店で、電動マウンテンバイクを探しに来た地元客は笑顔で話した。2017年9月にオープンしたこの店の1階には約200台の自転車がずらりと並ぶ。

 家電量販店の「顔」である1階では今ならスマートフォン、数年前までは薄型テレビといった売れ筋品を陳列…

この記事は有料記事です。

残り788文字(全文1070文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  2. 訃報 国友やすゆきさん65歳=漫画家、「100億の男」
  3. 事故 青森の車4台衝突 搬送8人のうち3人死亡確認
  4. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  5. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです