メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

青森・大間原発

また2年遅れ プルトニウム削減に暗雲

 Jパワー(電源開発)は4日、青森県大間町に建設中の大間原発について、安全対策工事の開始時期を2018年後半から2年延期すると同県や同町などに報告した。原子力規制委員会による新規制基準への適合性審査が長期化しているためで、延期は3回目。運転開始は24年度ごろを目指すとしていたが、延期に伴い、26年度ごろに先送りになるとの見通しも示した。

 大間原発は08年5月に着工した。全炉心でウラン・プルトニウム混合酸化物(MOX)燃料を使う世界初の…

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文480文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. WEB CARTOP 新東名高速の6車線化が決定! 渋滞もしていないのに900億円をかけて実施する理由とは
  2. みなとみらいにロープウエー 20年開業目指す 桜木町駅と運河パーク結ぶ
  3. ORICON NEWS 女性描くリアルな “油絵”がSNSで反響「興味のない人にも届けたい」
  4. 横井、佐藤、本田が優勝 フィギュアのチャレンジ杯
  5. 駅弁「かにめし」車内販売終了へ 鉄道ファンから惜しむ声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです