メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外J1昇格は松本と大分
環境省

妙高山など入域料導入実験

 環境省は妙高戸隠連山国立公園(新潟、長野)で、妙高山や火打山の登山者に1人500円の寄付を依頼する社会実験を始める。入域料の導入により、登山道管理や絶滅の恐れがあるライチョウの保護を充実させる狙い。

 実施期間は10月1~21日の午前5時~午後5時。笹ケ峰、燕温泉、新赤倉の三つの登山口(いずれも新潟…

この記事は有料記事です。

残り140文字(全文290文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. キイレツチトリモチ まるでキノコ、珍種が開花 牧野植物園 /高知
  4. バラハタ 他にもいる危険な魚 「珍しい」で食べないで
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです