メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

環境省

妙高山など入域料導入実験

 環境省は妙高戸隠連山国立公園(新潟、長野)で、妙高山や火打山の登山者に1人500円の寄付を依頼する社会実験を始める。入域料の導入により、登山道管理や絶滅の恐れがあるライチョウの保護を充実させる狙い。

 実施期間は10月1~21日の午前5時~午後5時。笹ケ峰、燕温泉、新赤倉の三つの登山口(いずれも新潟…

この記事は有料記事です。

残り140文字(全文290文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信
  2. 質問なるほドリ リュウグウ、どんな小惑星? 炭素多く含む 「はやぶさ2」有機物採取へ=回答・池田知広
  3. レオパレス21 切れる冷房、入居者ブチ切れ 苦情6、7月急増 「節電」自動停止、撤回
  4. 「大好きだよ、はやぶさ2」ブライアン・メイさんが応援メッセージ
  5. 高層ビルで「湯ったり」 若い女性をメインターゲット

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです