メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山は博物館

それは戦時下だった/6 上高地愛し消えた学徒たち

山岳写真家の船越好文氏(1909~2001年)の作品「前穂の東面」=「雪線」(白水社)より

 <くらしナビ・環境>

 高所の岩登りなど困難な登山スタイルで、穂高連峰など長野県の上高地周辺の山に武勇伝を残した学徒がいた。未踏峰のエベレスト(8848メートル)登頂が目標だったが、その前に徴兵が待っていた。徹底して戦争に反対しなかったことを悔いつつ、「もう遅い」と言い残して激戦地へ向かい、消息を絶った。最期の様子も分からない。

 「前穂の東面」という写真がある。前穂高岳(3090メートル)の大岩壁に向かうクライマー2人。説明書…

この記事は有料記事です。

残り2018文字(全文2233文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生
  5. 仙台・警官刺殺 刃渡りは20cm 「現金拾った」と訪問

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです