メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

意識調査

「石炭火力35基新設」知る人は1割止まり 「猛暑、温暖化影響」は8割

 この夏の猛暑や豪雨が地球温暖化と関係していると感じている人は8割以上に上る一方、温暖化の原因となる石炭火力発電所が国内で35基新設される計画があることを知っている人は1割程度だったことが、環境NGO「グリーンピース・ジャパン」が実施した意識調査で明らかになった。

 調査は今年8月、全国の1000人を対象…

この記事は有料記事です。

残り168文字(全文320文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 奄美大島 ノネコ捕獲で論争 クロウサギ捕食で
  3. ORICON NEWS ぼくりり、来年1月で活動終了へ「偶像に支配されちゃうことに耐えられない」
  4. 東海第2原発 避難計画拒否を 石岡市長に市民団体 /茨城
  5. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです