メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女性医師抑制問題

識者に聞く 医療だけの問題ではない

 東京医科大の入試不正は「出産・育児で長時間勤務ができなくなる」として、女性の合格者が3割に抑制され続けた。女性が増えると医療は崩壊するのか。教育や現場の実態、女性差別に関し、識者と関係者に聞いた。

「将来の従業員」時代遅れ 上昌広氏・医療ガバナンス研究所理事長

 大学入試の本来の目的は優秀な人材の選抜にある。その基準に卒業後の「働き方」が影響するのは、巨大な医大グループの就職試験の意味合いがあるからだ。付属や系列の病院の「将来の従業員」として学生を獲得する構図になっている。

 医学部教授は医学生の養成以外に、医局や病院を運営する役目も求められる。教授には、報酬が安くてよく働…

この記事は有料記事です。

残り2243文字(全文2531文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. みんなの広場 「満員御礼」幕の下に空席が=小学校非常勤講師・岩代孝一・60
  3. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  4. プロ野球 広島、マジック1
  5. サッカー デルピエロがFC岐阜にエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです