メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー

国際親善試合 20歳堂安、新世代の自覚 招集23人そろう

中島(左から2人目)らとランニングをする堂安(同3人目)=札幌厚別公園競技場で2018年9月4日、竹内幹撮影

 サッカー日本代表は4日、国際親善試合チリ戦(7日、札幌ドーム)に向けて札幌市内で合宿2日目の練習を行った。

 堂安(フローニンゲン)、南野(ザルツブルク)、中島(ポルティモネンセ)、植田(セルクル・ブリュージュ)の4人が合流して今回招集された23人が集合。4人はジョギングのみの軽めの調整で、ほかの選手たちはサイド展開からのシュート練習や8対8のミニゲームなどで約1時間半汗を流した。11日には日本代表は大阪・パナソニックスタジアム吹田でコスタリカと対戦する。【大島祥平】

 満を持してのフル代表初招集だ。6月に20歳になったMF堂安は「すごく楽しみ。小さい頃からあこがれて…

この記事は有料記事です。

残り418文字(全文704文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位
  2. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
  3. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  4. 高校ラグビー 大阪第3地区は常翔学園に
  5. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです