メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー

国際親善試合 20歳堂安、新世代の自覚 招集23人そろう

中島(左から2人目)らとランニングをする堂安(同3人目)=札幌厚別公園競技場で2018年9月4日、竹内幹撮影

 サッカー日本代表は4日、国際親善試合チリ戦(7日、札幌ドーム)に向けて札幌市内で合宿2日目の練習を行った。

 堂安(フローニンゲン)、南野(ザルツブルク)、中島(ポルティモネンセ)、植田(セルクル・ブリュージュ)の4人が合流して今回招集された23人が集合。4人はジョギングのみの軽めの調整で、ほかの選手たちはサイド展開からのシュート練習や8対8のミニゲームなどで約1時間半汗を流した。11日には日本代表は大阪・パナソニックスタジアム吹田でコスタリカと対戦する。【大島祥平】

 満を持してのフル代表初招集だ。6月に20歳になったMF堂安は「すごく楽しみ。小さい頃からあこがれて…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
  2. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  3. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  4. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  5. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです