メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風21号

関空、一気に海 乗客ら3000人孤立

浸水した関西国際空港の滑走路=2018年9月4日午後2時45分、蒲原明佳撮影

 過去最大クラスの勢力で日本列島に4日上陸した台風21号。近畿地方を中心に高潮や暴風による甚大な被害を各地にもたらした。関西の空の玄関口・関西国際空港(大阪府)は滑走路やターミナル棟の一部が浸水。府南部とつなぐ連絡橋も通行止めになり、利用客ら3000人以上が孤立した。前代未聞の異常事態に空港職員らは対応に追われた。1994年9月4日に開港した関空は、4日がちょうど24年の節目だった。【蒲原明佳、岡崎英遠、米山淳】

この記事は有料記事です。

残り847文字(全文1055文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです