メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

医療事故

肝炎見落とし死亡 名古屋市、3件発表

 名古屋市は4日、市立西部医療センター(同市北区)で、担当医がB型肝炎ウイルスに関する検査結果を誤認したため、肝不全で当時70代の女性患者が死亡する医療事故があったと発表した。市は誤認と女性の死亡との因果関係を認め、女性の遺族に賠償金約3370万円を支払う方針。他にも東部医療センター(同市千種区)で2件の医療事故があったと発表した。

 市によると、西部医療センターで2016年8月、女性がB型肝炎ウイルスを保有しているとの検査結果につ…

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文462文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 統計不正 統計標語募集で「大喜利」状態 総務省職員は……
  2. 宇都宮ピークス 県内最高層マンション完成 /栃木
  3. マルクスの墓、また荒らされる 「憎悪の教え」落書き
  4. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  5. 官兵衛神社、今秋に建立 姫路・地鎮祭に氏子ら100人

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです