メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コカ・コーラ

コーヒー風味のコーラ発売 17日から

コカ・コーラシステムが17日に全国で発売する「コカ・コーラ プラスコーヒー」=提供写真

 「コカ・コーラシステム」(東京都渋谷区)は5日、「コカ・コーラ プラスコーヒー」(250ミリリットル缶、税込み128円)を17日から全国のコンビニエンスストアと自動販売機で発売すると発表した。名前のとおり、コーラにコーヒーの香りや味わいを組み込んだ炭酸飲料。昨年9月に「コカ・コーラ コーヒープラス」を関東と東北地域の自動販売機だけで実験的に期間限定で発売し、意表を突く組み合わせにSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)での反響も大きかったため、リニューアルして全国発売するという。

 リニューアルにあたって、量を190ミリリットルから250ミリリットルに増量。おなじみのロゴが記された赤いデザインの缶に、コーヒー豆が炭酸の泡に包まれているイラストをあしらった。

 購買層として狙いを定めたのは「35歳以上」。同社の消費者調査によると、35歳以上の年代は、仕事中にコーヒーと炭酸飲料の両方をよく飲んでいる傾向があり、週1回以上コーヒーを飲むと答えた人のうち4割超が「炭酸飲料も同頻度で飲む」とも回答していた。「両者の愛飲者の親和性は高いのではないか」と判断し、開発に至ったという。

 コーヒーエキスの粉で、コーラの甘みに負けない香りを醸しだし、カフェインも加えた。後味にしっかりとほろ苦さが残る「大人の味」を意識し、仕事中の気分転換の場面などでの需要を狙う。【大村健一/統合デジタル取材センター】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 防弾少年団 秋元康氏作詞の新曲発表中止 ファン批判で
  2. はやぶさ2 探査ロボ、リュウグウ着陸 表面跳びはね撮影
  3. 夜光雲 ロケットのガスで発生か 白や赤に輝く羽衣のよう
  4. 滋賀 イナズマロックフェス開幕 西川貴教さん熱唱
  5. 福浦2000安打 美しい打撃、スカウトがほれた

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです