メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風21号

強風 リンゴ園で実が落ちる 弘前など

台風21号の強風で落ちたリンゴを拾い集める農家の男性=青森県弘前市で2018年9月5日、藤田晴雄撮影

 日本海側沿岸を北上した台風21号の影響で、青森県弘前市などのリンゴ園では収穫前の実が落ち、木が倒れるなどの被害があった。青森地方気象台によると、弘前市では4日深夜に最大瞬間風速22.2メートルを観測した。

     同市内のリンゴ園では5日朝から農家が落ちた実を拾い集めていた。同市清水富田の、吉崎敏彦さん(56)のリンゴ園では、主力品種の「ふじ」や「王林」など約1割が落果。吉崎さんは「(大きな被害が出た)1991年の『リンゴ台風』以来の被害だ。思ったよりもひどいが、自然相手だからしようがない」と肩を落とした。

     市や農協などは同日朝から市内100カ所以上で被害状況を調べている。中には半分近く落果したリンゴ園もあるという。【藤田晴雄】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
    2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
    3. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘
    4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
    5. 町田女性殺害 被害者は頭蓋陥没 頭髪から数ミリのねじ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです