メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風21号

市場、学校、役所、病院…停電で悲鳴上がる

台風による停電の影響で復旧の見通しが立たない大阪市中央卸売市場南港市場。窓ガラスが割れるなどの被害も出ている=大阪市住之江区南港南5で2018年9月5日午前10時26分、真野敏幸撮影

 台風21号による大規模な停電は5日も続いており、大阪府内では断水や、約2000カ所で道路の信号障害が生じるなど各方面への影響と被害は広がりを見せている。

 大阪市中央卸売市場南港市場(住之江区)では午前10時半開始の食肉の競りを中止した。職員は「冷蔵庫などに保管している肉の状態が心配だ。電源が復旧したら直ちに確認したい」と話した。毎日牛約100頭、豚約200~300頭の取引があるといい、関西圏の小売市場への影響は必至だ。

 大阪市内では停電の影響などで5日も大正区や西淀川区を中心に市立幼稚園、小中高校計77校園が臨時休校…

この記事は有料記事です。

残り1058文字(全文1320文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 投の横浜と強打の明豊が対決 センバツ第2日の見どころ
  2. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  3. 囲碁・将棋スペシャル 将棋 C級1組 泉八段 順位戦最後の将棋 「これからは見る側に」
  4. 習志野が10年ぶり初戦突破 一回に猛攻 日章学園降す
  5. 明豊が三回一気に逆転 横浜・及川は5点を奪われ降板

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです