メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風21号

関西電力停電なお53万軒 電柱折れ370本

大規模な停電が起きた兵庫県尼崎市内(手前)=2018年9月5日午前0時4分、幾島健太郎撮影

関電の岩根社長「停電が広範囲、申し訳ありません」と陳謝

 関西電力によると、近畿地方を4日通過した台風21号の影響で、5日午前10時現在の暫定集計では、管内の延べ約218万3000軒で停電が発生した。うち約4分の1にあたる約53万5010軒でなお停電が続いている。強風で、電柱が少なくとも約370本折れるなど配電施設に大きな被害が出たため、広域での停電となった。自然災害による停電では、阪神大震災当時の延べ約260万軒に次ぐ規模で、台風被害では平成に入って最大規模の停電となった。

 関電によると、電柱や電線の被害が多かったのは、想定を超える樹木の倒壊や飛来物があったためという。地…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
  2. 囲碁・将棋スペシャル 将棋 C級1組 泉八段 順位戦最後の将棋 「これからは見る側に」
  3. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  4. 札幌大谷が甲子園初勝利 米子東を1点に抑える
  5. 英国 2度目の国民投票求め、数十万人デモ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです