メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風21号

関西電力停電なお53万軒 電柱折れ370本

大規模な停電が起きた兵庫県尼崎市内(手前)=2018年9月5日午前0時4分、幾島健太郎撮影

関電の岩根社長「停電が広範囲、申し訳ありません」と陳謝

 関西電力によると、近畿地方を4日通過した台風21号の影響で、5日午前10時現在の暫定集計では、管内の延べ約218万3000軒で停電が発生した。うち約4分の1にあたる約53万5010軒でなお停電が続いている。強風で、電柱が少なくとも約370本折れるなど配電施設に大きな被害が出たため、広域での停電となった。自然災害による停電では、阪神大震災当時の延べ約260万軒に次ぐ規模で、台風被害では平成に入って最大規模の停電となった。

 関電によると、電柱や電線の被害が多かったのは、想定を超える樹木の倒壊や飛来物があったためという。地域別では、大阪府では湾岸に面した岸和田市などで電柱248本が壊れ、和歌山市や兵庫県尼崎市などの阪神間でも被害が大きかった。午前10時時点で停電が続いているのもこうした地域が多く、大阪府が約28万8000軒、和歌山県が約7万9000軒。一部地域では信号機が消え、警察官が交通整理にあたったり、医療機関では非常用電源を使って対応したりするなど、停電の影響は広範に広がっている。

 関電は、大部分のエリアでは7日をめどに復旧を目指すが、現場までの道路の被害状況などで停電が長引くエリアも想定されるという。関電の岩根茂樹社長は5日午前に大阪市内の本社で記者会見し、「停電が広範囲にわたって多くのお客様に長時間ご不便をおかけして申し訳ありません」と陳謝し、「できる限り早期の復旧を目指す」と語った。関電はグループと協力会社の8000人態勢で復旧にあたっている。また、災害発生時の応援協定に基づき、他の電力会社に高圧発電機車40台の派遣を要請。停電地域の病院などに配置する。【真野森作】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  2. 事故 青森の車4台衝突 搬送8人のうち3人死亡確認
  3. レスリング 栄氏が至学館大を退職 
  4. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  5. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです