メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森友学園

系列保育園運営の法人を管財人が提訴

保育園の土地の明け渡しなど求めて大阪地裁に

 民事再生中の学校法人「森友学園」の管財人が、系列の保育園を運営していた社会福祉法人「肇国舎(ちょうこくしゃ)」(理事=籠池泰典被告)に対し、保育園の土地の明け渡しと、未払い賃料600万円の支払いなどを求める訴えを大阪地裁(末永雅之裁判長)に起こした。5日に第1回口頭弁論があり、肇国舎側は請求棄却を求めた。

     肇国舎は大阪市淀川区で高等森友学園保育園を運営していたが、国有地取引を巡る問題が発覚し、大阪市が昨年7月に事業停止を命令。12月には認可も取り消した。訴状などによると、肇国舎は森友学園から月50万円の賃料で土地(約380平方メートル)を借り受けていたが、昨年7月以降は滞納。管財人は、建物を取り壊して土地を明け渡すことと、未払い賃料の支払いを求めている。【高嶋将之】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
    2. 静岡・沼津 「深海プリン」インスタ映えで話題
    3. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
    4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
    5. 大相撲 貴乃花親方「告発は真実」 信念貫き、角界去る

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです