メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外貴乃花親方 相撲協会に退職届
広島・新井引退

最後日本一になれば最高 一問一答

今季限りでの引退を表明した広島東洋カープの新井貴浩内野手=広島市で2018年9月5日午後0時9分、田中将隆撮影

 今季限りでの引退を表明した広島の新井貴浩選手の記者会見は次の通り。

新井 今シーズン限りで現役を引退することに決めましたので、報告させてもらいます。ありがとうございました。

 --球団に引退を伝えたのは

 新井 8月の初め。自分の中では早い段階で決めようとは考えていた。8月に入って球団本部長に「引退させてもらいます」と伝えた。球団からは「まだ辞めるな。1カ月間考え直してくれ」と言っていただいたが、8月いっぱい考えて、気持ちが変わることがなかった。

 --引退を決意したきっかけは

 新井 これといった決定的なタイミングはなかったが、いろんなことを考えていて「そろそろかなあ」と考え出したのが交流戦が終わったくらい。

 --気持ちが変わらなかった理由は

 新井今、若手がすごく力をつけてきている。2年後、3年後、5年後を考えた時に、今年が良いのではないかなというふうに考えた。

 --引退記者会見した率直な気持ちは

 新井 2015年にカープに戻ってきてから、とにかく少しでもカープの力になりたいと思って帰ってきたし、1年やってだめなら辞めようと考えている中で、4年間もやらせてもらい、優勝もさせてもらって周りの方々に感謝しかない。

 --誰かに相談は

 新井 黒田(博樹)さんには。あと石原(慶幸捕手)にも。黒田さんは「え、ほんまか」という反応だった。最初は「まだまだできるだろう」という感じだったが、話していくうちに、「お前が決めたことだから、あとは最後までお前らしく頑張れ」と言っていただいた。

 --石原選手からは

 新井 石原は言葉は出さず、ショックそうな顔だった。ベテランは僕と石原くらいで、あとは石原だけになってしまったので、「まだまだお前の力が必要だろうから、少しでも長く頑張れよ」とは伝えた。

 --家族は

 新井 やはり子供は「なんで、なんで」と辞めてほしくなさそうな表情だった。

 --「なんで」という思いはファンにもある

 新井 マツダスタジアムに限らず、どこの球場でも代打や打席に立つたびに大歓声をいただいて、そういう中でなかなか自分が喜ばせてあげられていない。そういうことも含めて申し訳ないと。25番のユニホームを着て応援してくれている人もたくさんいる中で、今年でユニホームを脱ぐという決断をしたので、そういう方たちを悲しませてしまうことにも申し訳ないという感じです。

 --これまで持ってきたこだわりは

 新井 自分は大したセンスもないし、練習することでここまで来させていただいた。こだわりというか、本当に運の良い、周りの人たちに恵まれた選手だったと思う。

 --恩師は

 新井 数え切れないくらいいる。その中でも山本浩二さんは一番迷惑をかけた監督なので、事前に連絡して気持ちは伝えた。「よく頑張ったな、最高の引き際じゃないか」と言ってもらった。

 --技術面の満足度は

 新井 満足はしていないです。でも気持ちが折れることはないですね。毎回、大きな声援をいただいているので、最後まで少しでも喜んでもらいたいという気持ちでやっている。

 --発表のタイミングについて

 新井 すべて球団に任せていたので、自分としては全部終わってからでも良かったけれど、やはり発表してたくさんの人に見てもらったほうが良いだろうと、このタイミングになった。

 --日本シリーズまでどんな姿を見てもらいたいか

 新井 もちろん結果で喜ばせたいと思ってやるし、最後の最後まで全力疾走で駆け抜けたいと思う。本当の戦いは10月、11月に来ると思うので、自分もチームの力になれるように。最後の最後に可愛い後輩たちと喜び合えるように、それで終われるよう頑張りたい。

 --広島に戻った時、「育ててもらったチームで燃え尽きたい」と話していたが、改めて気持ちを

 新井 本当に感謝の言葉しか見当たらない。当時も言ったが、まさかもう一度カープのユニホームを着させてもらえると思っていなかったし、一年一年が勝負だと思って、少しでも力になれなかったらユニホームを脱ごうと思っている中で4年間もやらしてもらい、優勝もできて、感謝しかない。それがここまで自分の体を動かした。

 --日本一という目標がある

 新井 最後日本一になって、みんなとうれし涙で終われれば最高だと思うし、自分もその力になれるように最後の最後まで全力で頑張りたい。

 --表情が晴れやか

 新井 ここまでやらせていただいた、ありがとうという気持ちでそうなっているんですかね。誰でもいつでも別れは寂しい気持ちにはなります。

 --辞めることでチームへのプラスが想像できない

 新井 そんなことはないと思う。若い選手にはチャンスだと思ってほしいし、そこで競争が生まれてカープのこれからの強さにつながると思う。

 --入団したときには考えられないほど強いチームになった

 新井 やはりポテンシャルの高い、いいものをもった若い選手が多いと感じている。その中でも素直で性格の良い子が多い。

 --ファンへの思い

 新井 本当に、阪神から戻ってきた時にはここまで応援していただけるとは思っていなかったので、帰ってきて初めての開幕戦の代打の打席は生涯忘れることはないです。その声援を送ってくださるファンの方に喜んでもらえるという気持ちがあったので、ここまで体が動いた。

 --打撃を極めたか

 新井 もちろん、極められてはいないです。やはり打撃とはこれでよいというものはないと思う。この年齢になってもまだ良くなると思ってやっているし、極めるということは無いと思う。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 塀倒壊で女児死亡 高槻市が和解金支払いへ
  2. リカちゃん人形 賢明女子学院中・高制服で登場 購入予約700体 姫路 /兵庫
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選
  5. 皇室 皇太子ご夫妻が福岡入り 昨年の豪雨被災地にも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです