メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国民民主党

玉木氏が新代表に 野党共闘構築が課題

国民民主党臨時党大会で新代表に選ばれ、一礼する玉木雄一郎氏=東京都内のホテルで2018年9月4日午後2時19分、川田雅浩撮影

 国民民主党は4日、東京都内で開いた臨時党大会で代表選を行い、玉木雄一郎共同代表(49)が津村啓介衆院議員(46)を破り新代表に選出された。任期は2021年9月まで。低迷が続く党勢の立て直しや、来年夏の参院選に向けた野党共闘を構築できるかが課題だ。

 玉木氏は代表選出後の記者会見で、両院議員総会を11日に開いて執行部人事を決定すると表明。「適材適所で人事をしたい。選挙重視の体制を構築したい」と語った。党内には古川元久幹事長の交代を含めた執行部の刷新を求める声がある。

 玉木氏は国会議員、国政選挙の候補予定者、党員・サポーター、地方議員による投票のすべてで津村氏を上回…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天然記念物のジュゴン1頭の死骸発見 沖縄
  2. 盛岡の40代同性カップルがフォトウエディング 企画の団体「地方まだ理解進んでいない」
  3. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  4. 「どう接したら…」 職員に戸惑いも 暴言の明石市長3選
  5. 奈良の6人死亡バイク事故 死亡した少年1人を書類送検へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです