メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

親トランプ外交 通商、対中国で揺らぎも

ゴルフ場内をカートで移動しながら会話する安倍晋三首相(中央)とドナルド・トランプ米大統領(右)=米フロリダ州で4月(内閣広報室提供)

 8月22日夜に首相公邸で行われた日米電話協議。終了後、安倍晋三首相(63)は「あの歴史的な米朝首脳会談(6月12日)から2カ月が経過した。最新の情勢分析を行い、今後の北朝鮮に対する方針について綿密な打ち合わせを行った」と簡潔に説明した。政府関係者によると実際の協議は「北朝鮮政策でトランプ米大統領から『ある提案』があり、首相の意見を聞くのが目的だった」といい、濃密なやり取りがあったとみられる。

 2017年1月にトランプ氏が大統領に就任してまもなく北朝鮮情勢が緊迫。首相は頻繁にトランプ氏と北朝…

この記事は有料記事です。

残り956文字(全文1204文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  2. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  3. 投票済み証明書でコーヒー無料 新潟県議選の「投票割」に市選管が異議
  4. ORICON NEWS Janne Da Arc解散にyasuが心境 現在もリハビリ「焦らずやらせてください」
  5. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです