メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風21号

近畿の自動車や電機工場も影響

 4日に近畿を通過した台風21号の影響で、自動車や電機を手掛けるメーカーでは、従業員の安全や通勤を考慮して工場の操業を休止する動きが目立った。トヨタ自動車は国内14工場で4日夜の操業を休止し、影響は広範囲に及んだ。

     ダイハツ工業は、いずれも完成車を組み立てる本社工場(大阪府池田市)滋賀工場(滋賀県竜王町)京都工場(京都府大山崎町)で昼の勤務を取りやめた。台風は4日夕方以降に近畿から離れたため、滋賀工場では夜の操業を実施したが、通勤に公共交通機関を使う従業員が多い本社工場は引き続き休止した。クボタは、農機などを製造する堺市の工場や、水道管を扱う兵庫県尼崎市の工場などで終日操業を休んだ。

     電機メーカーでは、パナソニックが大阪府柏原市にある電動自転車の工場などを休業。三菱電機は京都、兵庫、和歌山の各府県にある計10工場を終日休んだ。ダイキン工業は家庭用エアコンを製作している滋賀製作所(滋賀県草津市)などの生産を休止した。シャープは冷蔵庫を生産する八尾事業所(大阪府八尾市)の操業を見合わせたが、5日は再開する見込みという。【小坂剛志、加藤美穂子】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. タンザニア フェリー沈没130人超死亡 ビクトリア湖
    2. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
    3. 棚橋弘至選手 「笑顔、無理ですよ…」 “恩人”の手紙に男泣き 寺田心も涙
    4. 水樹奈々 小学生役に「私、本当に大丈夫」? 小林星蘭の「同級生」発言に大喜び
    5. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです