メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野田総務相

携帯の「速度差別」防止へ 競争促す

 野田聖子総務相は4日、閣議後の記者会見で、携帯電話大手3社が格安スマートフォン事業者に貸し出す回線の通信速度を遅くする差別を防ぐ制度を強化する方針を表明した。格安事業者を含めた携帯電話各社の競争を促し、料金の引き下げにつなげる。

 野田氏は「公正な競争を促進するためにはネットワークの提供条件で同等性が確保されることが大事だ」と指摘した。総務省は近く関連省令を改正する。

 改正により、大手3社が格安事業者に回線を貸し出す際、通信速度で不当な差別をしないと契約約款に書き込…

この記事は有料記事です。

残り231文字(全文466文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  4. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです