メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野田総務相

携帯の「速度差別」防止へ 競争促す

 野田聖子総務相は4日、閣議後の記者会見で、携帯電話大手3社が格安スマートフォン事業者に貸し出す回線の通信速度を遅くする差別を防ぐ制度を強化する方針を表明した。格安事業者を含めた携帯電話各社の競争を促し、料金の引き下げにつなげる。

 野田氏は「公正な競争を促進するためにはネットワークの提供条件で同等性が確保されることが大事だ」と指摘した。総務省は近く関連省令を改正する。

 改正により、大手3社が格安事業者に回線を貸し出す際、通信速度で不当な差別をしないと契約約款に書き込…

この記事は有料記事です。

残り231文字(全文466文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
  3. 女子テニス 大坂ウイルス性の病気のため武漢オープン欠場
  4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです