メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スズキ

中国合弁から撤退 業績低迷、ブランドは継続

 スズキは4日、中国で自動車を生産する合弁会社について、保有する出資持ち分の全て(全体の50%)を合弁相手の中国企業に譲渡すると発表した。業績が低迷しているためで、中国での合弁事業から完全に撤退することになる。

 譲渡するのは重慶長安鈴木汽車(重慶市、1993年設立)の持ち分。スズキは合弁相手の重慶長安汽車にライセンスを供与し、長安汽車がスズキブランドの車の生産販売を続けるという。スズキは部品を供給する。

 小型車を得意とするスズキは中国市場で苦戦が続き、2017年度の新車販売台数が約10万台にとどまった…

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文568文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  4. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  5. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです