メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WCPFC

クロマグロ漁獲枠15%増が焦点 日本提案

 日本近海を含む北太平洋海域のクロマグロの資源管理を話し合う国際機関「中西部太平洋マグロ類委員会(WCPFC)」の北小委員会が4日、福岡市で開幕した。各国の漁獲枠を15%増やすよう求める日本の提案に合意が得られるかが最大の焦点。資源管理を徹底するため漁獲証明制度の導入についても議論する。会議は7日まで。

 「資源回復が正しい方向に進みつつある。昨年決まったルールに基づき議論したい」。4日の会議の冒頭、W…

この記事は有料記事です。

残り729文字(全文931文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. プロ野球 ドラフト情報 吉田「野球が仕事に」
  3. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  4. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  5. 競売 ヒトラーの写真130万円落札 ユダヤ系少女と笑顔

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです