メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大間原発

安全対策工事を2年延期 運転開始は26年度へ

Jパワーが建設を進める大間原発=青森県大間町で2018年3月6日、佐藤裕太撮影

 Jパワー(電源開発)は4日、青森県大間町に建設中の大間原発について、安全対策工事の開始時期を2018年後半から2年延期すると同県や同町などに報告した。原子力規制委員会による新規制基準への適合性審査が長期化しているためで、延期は3回目。運転開始は24年度ごろを目指すとしていたが、延期に伴い、26年度ごろに先送りになるとの見通しも示した。

 大間原発は08年5月に着工した。全炉心でウラン・プルトニウム混合酸化物(MOX)燃料を使う世界初の…

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文480文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  2. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  5. 兵庫県警 ホルマリン誤注入で医師ら書類送検 患者に傷害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです