メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

香港

高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念

中国本土の法律が適用されるエリアを利用者に説明する動画=香港の西九竜駅で2018年9月1日、ロイター

 【台北・福岡静哉】香港内に新たに開通する高速鉄道の駅などで中国本土の法律が例外的に適用される制度が4日にスタートした。中国政府が進める南部広東省と香港、マカオの一体的な発展を目指す「広東・香港・マカオビッグベイエリア」構想の一環。旅行者の利便性向上が目的だが、中国政府による香港への影響力強化につながり、「1国2制度」の原則による香港の自治が揺らぐと警戒する見方が香港の民主派を中心に広がっている。

 23日に開通する高速鉄道は同構想の中核事業だ。従来は約2時間かかった香港・西九竜駅と広州南駅(広東…

この記事は有料記事です。

残り584文字(全文834文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 天野健太郎さん 47歳=台湾文学翻訳家
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 韓国 BTS事務所 被爆者とナチス被害者に謝罪表明
  4. 自民党 下村氏憲法審幹事辞退へ 野党「職場放棄」発言で
  5. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです