メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

環境省

妙高戸隠で入域料実験 ライチョウ保護など目的

 環境省は妙高戸隠連山国立公園(新潟、長野)で、妙高山や火打山の登山者に1人500円の寄付を依頼する社会実験を始める。入域料の導入により、登山道管理や絶滅の恐れがあるライチョウの保護を充実させる狙い。

 実施期間は10月1~21日の午前5時~午後5時。笹ケ峰、燕温泉、新赤倉の三つの登山口(いずれも新潟…

この記事は有料記事です。

残り144文字(全文294文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 暴行容疑 元レスラー長与千種さんの髪つかむ 男を逮捕
  2. 女の気持ち いじめ 東京都町田市・匿名希望(団体役員・66歳)
  3. さいたま 片山さつき氏の著書看板、条例違反 白塗り処置
  4. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡
  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです